日本刀の構造や長さとは?初心者がおさえておきたいポイントを分かりやすく紹介

当サイトは日本刀の構造や長さに関する情報をご紹介しています。
初心者がおさえておきたいポイントを分かりやすく紹介しているので、これから刀剣について詳しくなりたいという人におすすめです。
これらの刃物は一体どんな素材で作られているのか、疑問に思う人にも役立つ可能性があります。
また振りかぶるときと斬り下ろすときのポイントなども解説しています。
どのように使われるのかを知ることで、奥深い世界を楽しめるはずです。

日本刀の構造や長さとは?初心者がおさえておきたいポイントを分かりやすく紹介

美しさと実用性のある美術工芸品として多くの人を惹きつけているのが日本刀ですが、初心者の場合にはどれも同じに見えることも多いのではないでしょうか。
日本刀の本体のことを刀身といいますが、さやに入る部分と柄に入っている部分があります。
全体の長さを全長と言いますが、刃の部分の長さは刃長と呼ぶのが特徴です。
日本刀の長さはそれぞれによって異なりますが、一般的なものの場合の刃長はおよそ70センチメートルほどとなっています。
柄を含んだ全長は95センチメートルほどにもなります。

多くのパーツで構成されている日本刀の構造

武士の魂ともいわれる日本刀ですが、単に刀という場合もあります。
古来の日本人が出かける時の必需品であり、重要な武器でした。
単に携えるだけではなく、武士道の精神を象徴する神聖な物という考えがありました。
刀身本来の完成された美もありますが、それ以上に刀を包み支えて守り、剣を扱う者が実際に使える様に外側にもたくさんの工夫と技術が凝らされています。
日本刀と言ってもそれを分解すれば、多くのパーツで構成されているのが伺えます。
刀の構造は、刀身と呼ばれる本体です。
切れる部位と持ち手所謂、グリップの芯として柄に収まる部分のなかごから出来ています。
刀の長さは刃の部分を指します。
なかごには作った人の名前や刀自身に名付けられた号を刻む事があります。
刀身には彫金が施されており、武人の守護を祈る物が多いです。
細かい名称は、分かりにくいので、大まかな名前としては、この他に刀身と柄の間に施される円盤状の部分を鍔と呼びます。

日本刀は長さによって呼び方が異なる

日本刀はサイズや形状によって呼び方が変わります。
刀剣や日本刀の長さは尺で表記されるのが一般的となっていますが、1尺は30.3cmとなっています。
太刀(たち)は打刀に比べると反りが大きく、刃渡り60cm以上のものをいいます。
60cm以下のものは「脇差」となります。
太刀の中でも、刃渡り90cm以上となるものは大太刀(おおだち)と呼び、野太刀(のだち)とも呼ばれています。
打刀(うちがたな)は、太刀に比べると反りがあまり深くなく、刃渡りが60cm以上のものをいいます。
現在では、日本刀と呼んだ場合、この打刀をさす場合が多いです。
脇差(わきざし)は、刃渡り30cm以上60cm未満の刀をいいます。
短刀(たんとう)は、30cm未満のものをいいます。
長巻(ながまき)は、刃身と柄の長さがほとんど変わらず、全体で180~210cm位になります。
薙刀(なぎなた)は、刃身は約30~60cmで柄は約90~180cmとなっています。

時代によって変遷がある日本刀の成り立ち

日本刀と聞くと、どのような形のものを思い浮かべるでしょうか。
古墳時代以前からすでに鉄製の刀剣類が製作されていましたが、その頃は直刀という反りのないまっすぐなものでした。
歴史ドラマなどで私たちがよく見るような反りのある湾刀へ移行したのは平安時代中期以降と考えられており、日本刀と呼ばれるものが確立したのもこの頃からです。
しだいに武士が台頭してくると、これまでの上品な姿から豪快な力強い姿に変化していきました。
幅が広く刀長90センチ以上の長大な刀が作られましたが、重さを軽減するために重ねを薄くするなど工夫がなされています。
その後は集団の歩兵戦に適した刀長70センチ前後の刀が多く作られており、戦闘様式や合戦で実用的効果をあげるために日々改良が施されてきました。
しかし江戸の世になると、これまでのような戦争はなくなったため日本刀は飽和状態となり、次第に刀は作られなくなっていきました。
明治維新を経て、明治9年に廃刀令が出されると一部の例外を除き日本刀は作られなくなっていきます。
現在では美術工芸品として存在し、私たちにその姿を伝えています。

日本刀は日本独自の発展を遂げた刀

日本刀は日本文化を象徴するものです。
その理由は日本国外にはない独自の発展を遂げてきたからです。
例えば、日本刀は包丁やナイフと違って真っ直ぐではなく反りがあります。
これは、平安時代に馬に乗って戦いを行ってきたことに起源があります。
直刀の場合は相手を斬った際に衝撃が強く斬りにくい為、反りをつける事によって力で引いて斬るようにし、馬の上からでも扱いやすい武器に変化していったのです。
他にも特徴があり、鎬(しのぎ)と言われる膨らみも存在しています。
平たい刃面であると縦から加わる力に弱いために頑丈にすることを目的とした変化と言われています。
作り方にも独自の発展があり、日本刀は叩くことで形を整えて頑丈にしていくという方法です。
平たくするなどは整えることは簡単ですが、頑丈であるように膨らみを作ることや反りを作ることは長い歴史が作ってきた精巧な職人の技ともいえ、時代が経つにつれその美しさにも着目されるようになってきています。

著者:豊永昭一

筆者プロフィール

茨城県那珂市出身。
親戚から日本刀を譲り受けてからすっかりハマってしまったコレクターです。
日本刀 販売