日本刀を振りかぶるときと斬り下ろすときのポイント

日本刀を振りかぶるときと斬り下ろすときのポイント

日本刀を扱う上でまず最初に覚えなければいけないのが、刀法の基本的な所作だといわれています。
鞘から刀身を引き抜く際に行うのが鯉口を切る動作であり、左手で鞘をしっかり握り親指で鍔を柄の方向に押し出し、右手で柄を握り右手を体の前に伸ばして日本刀を抜刀します。
この時柄頭を相手の方向に向けることがポイントで、鞘に収まっている刀身を素早く抜くことができます。
腰を入れて右手一本で真一文字に払うように一閃する動きを抜き付けと呼び、この段階で勝敗が決する所作ですが勝敗が決しない際には追撃として「振りかぶり」を行います。
振りかぶる時のポイントは右手で真横に一閃した状態の刀に対して、抜き付けで鞘を握っていた左手も柄に添えて両手でしっかり握ることが重要です。
斬り下ろしでは両手で柄を握り、大きく振りかぶった日本刀の鋒を敵の頭からみぞおちまで一気に振り下ろします。
周囲に気を配り刀身に付着した血の振り落としを行い、最後に納刀を行えば基本の所作は完了となります。

日本刀がなぜ流行しているのか?その理由を解説

ここ数年で日本刀を特集する番組が一気に増え、「なぜ日本刀が流行っているのだろうか」と疑問に思っている方もいらしゃるはずです。
特にテレビだけではなく、日本刀の展示会も増え、展示されている刀を見ようと、列が出来る状況も続いています。
ではなぜそのように日本刀が流行しているのか、その理由を解説します。
刀ブームの火付け役となったのは「刀剣乱舞」というオンラインゲームです。
最初はパソコンゲームから始まりましたが、今ではスマホゲームが主流になり、2022年になってからはSwitchのソフトも発売されて人気の高いゲームです。
「刀剣乱舞」は剣を擬人化したゲームですが、その剣を模したキャラクターが話題となり、もとになっている剣にも人気が出たのです。
キャラクターを知ることで刀やその刀が製作された背景、刀鍛冶などさまざまな刀に纏わる歴史にも興味が及んでいます。
刀剣乱舞はもはやオンラインゲームとして定番になっているので、今後も人気を保ち続いていくことでしょう。

著者:豊永昭一

筆者プロフィール

茨城県那珂市出身。
親戚から日本刀を譲り受けてからすっかりハマってしまったコレクターです。